結婚を決意する3つの方法とは!?

結婚適齢期を迎えた女性で、付き合っている彼がなかなか「結婚」という言葉を口にしてくれないと、じれったいと感じてしまう人は多いかもしれません。
まだ結婚を考えていない彼に意識してもらうにはどうすればいいのでしょうか。

そこで今回は、女性が男性に結婚を決意させる3つの方法をご紹介します。

【作戦】

·家庭的な面をアピールする

·さりげなく結婚の意志を伝える

·環境の変化をきっかけにする


家庭的な面をアピールする

結婚後は一緒に生活していくパートナーとなりますから、女性の掃除・洗濯・料理の腕は男性としても気になるところ。
彼に結婚後の生活を想像してもらいやすいよう、家事のテクニックを見てもらいましょう。

体験談
「胃袋つかめ!料理の勉強をする!」
■休日には彼の好きなものを必ず作って一緒に食卓を囲み、こんな幸せが続けばいいな~と思ってもらえるよう、料理のアレンジも勉強しました。30代前半女性)


さりげなく結婚の意志を伝える

女性としては結婚の決断は男性にして欲しいですよね~、直接的なことは言わず、ちょっと遠回しに結婚へのアプローチをする女性は多いようです。
あまり言い過ぎるとプレッシャーになってしまいますから、さりげなく将来の話をしたり、これからも一緒にいたいという気持ちを伝えてみましょう。

最近では女性からのプロポーズも あり!です!!

体験談
「結婚後の話をあえてしてみる!」
■何気なく「一緒に住むとこんな感じかな?」など結婚を意識させることを相手が引かないよう、小出しに話しました。(30代前半女性


環境の変化

長年付き合っていくとお互いに転勤・転職や引っ越しなどの環境の変化があることもありますから、そのタイミングで結婚のきっかけを掴みましょう。
転職するなら結婚後の家計も考えてみる、引っ越しするならふたり用の住まいを検討するなど、「結婚するならきちんと計画して実行に移すべきこと」を探してみましょう。

体験談
「仕事が変わったタイミングで確認してみる!」
■派遣の契約終了時に、次の仕事を探す時は出産を意識して探すかどうかを彼に確認し、今後のことを話し合いました。(30代前半女性)

結婚の予定が決まっていなくとも、まずは結婚式を具体的にイメージすることが大事です。

彼がイメージしやすいように誘導しましょう!

他には、ストレートに結婚したい時期を伝えたり、反対にプロポーズまでじっと待つという方もいました。

私の個人的な意見ですが・・・

彼に沢山の{ありがとう}を言ってもらうより

彼女本人が沢山の{ありがとう}を彼に言ってる人の方が結婚への道が近そうですよ。

さあ! カウントダウンは始まっています!

ご結婚お決まりになりましたら、ブライトブルーにて、お待ちしております。

彼の性格をよく考えてぴったりの方法を選んでくださいね。


レンタル衣装/ブライトブルー
レンタル衣装/ブライトブルー