結婚式で着るウェディングドレスのレンタルを考えるとき、気になるのがレンタル料金の相場。みんないくら位かかっているの?ドレスの費用がいくらになるかは、挙式費用に大きく影響してきます。

また、運命のドレスを選ぶために、試着等のポイントや、挙式・披露宴に向けての段取りスケジュールも把握しておきましょう。

今回は、ドレスのレンタル料金相場や必要な段取りをご紹介します。

1.ウェディングドレスのレンタル料金の相場

卒花嫁様、先輩カップルたちにアンケート調査を行なったところ、次のような結果となりました。


ドレスレンタル料金のランキング

第1位 20万円以上25万円未満 27%
第2位 30万円以上 18%
第3位 25万円以上30万円未満 15%
第4位 15万円以上20万円未満 14%
第5位 10万円以上15万円未満 13%
第6位 5万円以上10万円未満 7%
第7位 5万円未満 6%


ウェディングドレスのレンタル料が挙式費用全体に占める割合は、決して低くはありません。
レンタル料が20万円以上かかったカップルは、全体の60%にものぼることがわかります。しかもこれはドレス1点分の価格、これにカラードレスや和装も着るとなると80万!なんても良く聞きます。

恐ろしいですね~。

あと、結婚式場以外のドレスショップなどでレンタルする場合、 持ち込み料等の謎の料金 が発生する場合があるので注意が必要です。

ここは、賢く持ち込み料の交渉をしなければなりません!そもそも、自分の結婚式に自由に自分の好きなドレスが選べないなんてナンセンス!

高いウェディングドレスを賢くレンタルするためには、余裕をもったスケジュール調整と交渉が必要です。

ブライトブルーでは他店で20万30万相当のドレスを98000円でレンタル!高品質で格安!っと22年間大好評です!


2.ウェディングドレス選びのスケジュール

結婚式場によってもスケジュールは異なるため、必ずプランナーやレンタルショップに確認しながら進めていきましょう。

以下は、一般的なスケジュールです。ぜひ参考にしてみてくださいね!


(1)挙式6か月前:

ショップやブライダルフェアで情報収集

「本物のウェディングドレスを見たり着たりするのは初めて!」という女性も多いかもしれません。一般的に、結婚式場では試着体験ができるブライダルフェアや会場見学を開催しています。

良い機会ですから、いろいろな会場やショップのウエディングドレスやカラードレスを見てまわりデザインや形だけでなく、値段感や金額相場を学んでおくとよいでしょう。


(2)挙式6か月~3ヶ月前:

ショップや会場に何度か足を運んで試着体験

おおよその「レンタル相場」がわかってきて、自分たちの予算と理想に合ったドレスを具体的に絞り込んでいく時期です。この段階では、 「納得がいくまで試着する」 ことを強くおすすめします。

ドレスの試着には時間も労力も必要ですが、自分が本当に気に入ったウェディングドレスに出会えるまで、提携外のお店も見て回りましょう!

ウェディングブーケやブライダルシューズ、アクセサリーなどもイメージしていくと、よりイメージしやすいですね。


(3)挙式3ヶ月前:

ウェディングブーケや小物アクセサリーも予約

スケジュールに余裕を持つためにも、結婚式の3か月前までにはウェディングドレスを決めておく必要がありますね。

選んだウエディングドレスやカラードレスに合う小物やアクセサリーなどもレンタルする場合は、一緒に決めてヘアスタイル等もイメージしておくと良いでしょう。

ウェディングブーケとの組み合わせも、この段階で十分に検討しておく必要がありそうです。


(4)挙式1ヶ月前:

最終フィッティングをして、ウェディングブーケを手配

ウェディングドレスを着用して、小物やアクセサリーも全て本番と同じように身に付けます。

この時に、 もう一度サイズのチェック をしましょう。ウェディングエステやダイエットを頑張りすぎて、以前と試着した際のイメージが変わる可能性もあるからです。

サイズ合わせの際は当日の下着を必ず持参してくださいね。

最後に決定したドレスを元にブーケのイメージを固めて、オーダーをします。


(5)挙式前日:

レンタルドレスの受け取り

式場でレンタルの場合

結婚式場でレンタルした場合は、特にするべきことはありません。念のため担当のウェディングプランナーに電話やメールでドレスの状態を確認すると安心かもしれませんね。

ショップなど式場以外でレンタルの場合

結婚式場外で手配した場合は、前日までに受け取る段取りをします。自分たちが直接受け取る場合は、当日まで汚れないように保管に注意しましょう。

宅配便などの郵送サービスを利用した場合は、裾に汚れがないか、再度確認しておくと安心です。

また、新郎新婦の手元を経ずに、ショップから直接式場に送り、式場側がそのまま当日まで保管という段取りもあります。

いろいろなケースがあるので、「当日ウェディングドレスがない!」ということにならないように、事前に確認しておくようにしましょう。

ブライトブルーでは近場のお式の場合前日搬入後日搬出  発送の場合はお式の2日前着で送り着払いにて返送っという流れになっています。


(6)挙式翌日:

返却は翌日が一般的

式場でレンタルの場合

式場内でレンタルした場合は、挙式直後にそのまま返却になる場合が多いようです。担当のウェディングプランナーに確認しておきましょう。

ショップなど式場以外でレンタルの場合

式場外のショップから手配した場合は、挙式翌日の返却が一般的です。 レンタル期間(当日までか翌日までか)の確認や返却が遅れた場合に追加料金がかかるかどうか、確認をしておきましょう。


3.レンタルする際の注意ポイント

(1)試着前にどんな衣装を着たいかイメージを固めておく

最も大切なのは、花嫁本人が「着たいドレスのイメージを固める」ということです。 まずはインターネットや雑誌で気になるドレス情報をまとめておくと良いでしょう。

その後レンタルドレスショップめぐりやブライダルフェアでの試着を重ねるごとに、だんだんとはっきりしてくるものです。予算のイメージもお忘れなく!


(2)レンタルショップに行くなら事前予約がおすすめ

レンタルドレスショップに行く前には、必ず事前に予約をしておきましょう。特に試着を検討している場合は、予約必須としているショップが多いはずです。

「アポなし」で行ったがゆえに、試着できるドレスが、当日レンタルされていて着られないという事態が起こりえます。せっかくの時間を有効に使うためにも、必ず予約を入れましょう。


(3)試着の際には母親や彼に付き添ってもらう

鏡があるとはいえ、後ろ姿やシルエットのチェックには、ショップの店員とは別に、自分と近しい第三者の目が大切です。

また、当日の美しい花嫁姿のためには、「ちょっと辛口」の意見も有効になるときも。 試着の際は、できる限り誰かに付き添ってもらうか、当日の試着ドレスをデジタルカメラにおさめてもらい、その場でチェックするのがオススメです。

ブライトブルーでは、花嫁様お一人でいらしても私達スタッフが、前 後ろ 斜めからと様々なカットのお写真を撮り後で、ごゆっくりご検討頂けますよう行っております。

まずは、ご試着だけでも、どうぞ!


(4)試着当日は本番をイメージして濃いめのメイク、髪はアップがおすすめ

花嫁ヘアアレンジやメイクは、日常のものとは違って「ブライダルヘアメイク」と呼ばれ、ゴージャスな花嫁衣装と釣り合うように、ちょっと派手な「濃いめメイク」と「おしゃれヘアアレンジ」になっているものです。

可能な限り、本番のイメージに近づけるように、一工夫することも賢くレンタルする方法の一つですね!


(5)事前に写真撮影の許可をとり、試着の様子を写真におさめる

念のためショップには撮影可能か確認しておきましょう。デジタルカメラを持参して、付き添ってくれた人に、正面、背面、横、斜めと最低でも1着につき4~5枚くらい撮ってもらうと安心ですね。


(6)レンタル料にアクセサリーや小物の費用が含まれるか確認

試着後、お好きなドレスが見つかったら、具体的に料金や金額の確認です。

特にネックレスやイヤリング、ティアラなどのアクセサリーや靴やベールなどの小物が別料金なのか、含まれているのか、必ず忘れずに確認しましょう!


高額な費用が必要になる結婚式。 なかでも、ウェディングドレスのレンタル料は決して安いものではありません。

それだけに、満足いくウェディングドレスと出会うためには、「予算」と「相場」、「イメージ」と「実際の品質」を常に意識しておくことが大切です。

そして、何より大切なのは契約前の事前交渉です!後で後悔しない為にも必ず交渉しましょう!

ブライトブルーでは、会場選びから、見積り相談まで何でも お問い合わせくださいませ。

気力と労力が必要になることですが、当日の美しい花嫁姿を目指して、がんばってくださいね!

レンタル衣装/ブライトブルー
レンタル衣装/ブライトブルー