June bride 直訳すると6月の花嫁

なぜ、6月に結婚する花嫁が幸せになると言われているのでしょうか?

1)女神「Juno」説

6月のJuneとギリシャ神話に出てくる結婚をつかさどる女神「Juno」に由来し、

この月に結婚する花嫁は幸せになるという言い伝えです。


2)気候、季節がよい説(ヨーロッパでは…)

ヨーロッパでは、雨も少なく気候も安定しており

復活祭があったり、3月~5月は農作業で多忙だった為

結婚が禁じられており、恋人達は6月を待ちに待って

結婚式を挙げた人が多かった為、その分祝福も多く

多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるでしょうという説


3)日本のウェディング業界…大人の事情…

ヨーロッパでは気候が良い6月ですが、日本では梅雨の季節。

なので、結婚式の数はそんなに多くありませんでした。

そこで、売上が少ない6月に海外のジューンブライドを提案したのが始まりといわれています。


とはいえ、やはりジューンブライド神話は根強く、6月にお式を挙げるカップルも多くヨーロッパでは、昔から花嫁が幸せになれる月と言われる事に変わりありません。

6月は一年の中でもブライダル業界の中でも「ジューンブライド」と名のついた特別な月になります。

沢山の祝福を受けて人生で一番輝く日にして下さいね。

無料試着会


レンタル衣装/ブライトブルー
レンタル衣装/ブライトブルー