「ウェディングドレス持込料」。結婚式場を決めた時に初めて耳にする人も多いんじゃないでしょうか。

ウェディングドレス持込料とは、式場で提携しているドレスショップ以外のショップでドレスを確保して、文字通り式場に「持ち込む」場合にかかる料金のこと。ドレス以外にメイクやカメラマンや引き出物などを独自に決める場合にも使われます。「保管料」と名目を変えて呼ぶ場合もありますが同じ事です。

多くの式場ではドレスショップはもちろん印刷物、贈答品、装花、照明など、さまざまな業者さんが出入りをしています。多くの場合、業者さんは式場で顧客を斡旋してもらうかわりに、契約が取れた場合には式場にキックバックを支払うというシステムになっています。

お客さんが提携先で契約してくれると、それだけ式場にマージンが入るわけですから、式場としては当然ながら提携先で契約してほしい。ですから、「そうでない場合には追加料金を払ってもらいますよ」というペナルティを設定しているのです。それがいわゆる「持込料」なのです。


ドレス持込料の相場は?

pixta_16613079_l

ではウェディングドレスの持込料はいったいいくらぐらいかかるのでしょうか?

条件は式場によって大きく異なりますので注意が必要です。持ち込み無料でOKという嬉しい式場もあれば、提携先以外は一切持ち込みNG!という厳しい式場も存在します。1着でも提携ショップでレンタルすれば他の衣装は持ち込み無料というところもありますし、最初の式場契約の際に持込み料の値引き交渉に応じてくれる式場もあったりと、まさに千差万別。あらかじめ式場の衣装担当コーディネーターに相談して、持ち込み可能かどうか、その場合はいくらかかるのか、確認しておくことをおすすめします。

多くの式場では持込料の相場は5万円〜10万円といったところ。ドレスショップによっては持ち込み料を一部負担してくれるサービスもあるので、ショップ側にも確認しておきましょう。

また意外なことに、購入した自前のウェディングドレスの場合は、持ち込み料が無料になるケースが多いようです。ご友人のドレスを譲り受けたなども持ち込み無料になるようです。


“人生でいちばん特別な服”なのに、自由に選べないのは悲しい。

好きなドレスを選んだだけで、ペナルティのように“持込料”を5万円も10万円も取られるのは正直納得がいかないものです。決して安い値段ではないだけに「無駄な料金を取られるくらいなら、提携ショップの中から選ぼうか…」と心が折れそうな瞬間もあるかもしれません。

shutterstock_121710862

もちろん、提携ショップを見て回るのは良いと思います。しかし、その枠の中のドレスだけしか見ないのは、もったいないことです。雑誌やネットを見ればスタイリッシュだったりキュートだったり、素晴らしいドレスが星の数あるのですから。

気になる憧れのドレスブランドがある…。芸能人の○○みたいなこんなドレスが着られたらと思う…。リボンはこういう形が好き、レースはこんな模様が好き…。そんなふうに思うなら、どうか「妥協」はしないでください。「ドレスを妥協した」という後悔は、あとあとまでひきずることになってしまいます。友人や知人の結婚式に行き、素敵なドレスを見るたびに、悲しい気持ちになってしまうかもしれません。

結婚式は一生に一度、たくさんの人に見つめられて、あなた自身が輝くヒロインになれる瞬間です。大切な日、大切な人と一緒に迎える記念日に、大好きなドレスを着て過ごせたんだ!という思い出は、一生の宝物。きっと写真を見るたび温かな幸福感に包まれることでしょう。

持込料に振り回されて、心から満足できないまま提携ショップのドレスに決めるなんて、もったいないです。だから、提携ショップ以外のお店で運命のドレスを見つけた時も、最初からあきらめないで、まずはプランナーさんに正直に相談してみましょう。なんとか安くならないか交渉してみると、道は開けるかもしれません。ドレス選びに妥協は禁物。忘れられない1日にするために、ベストを尽くしてください。ブライトブルーでは全力でサポートさせて頂きます。


レンタル衣装/ブライトブルー
レンタル衣装/ブライトブルー